FC2ブログ

Category: お酒  1/10

3年目の〇〇

毎年に比べるとずいがまし初めて耳にした時はちんぷんかんぷん・・・?随分まし、幾分ましということらしいです。ももひきも履いてないくらいシミーズやらももひきやら若い人にはなんのこっちゃやろね。 空が晴れると、このポイントで必ず見たい風景です。 息子が帰ってから室の作業に入る事も少なくなりました。 真っ赤なレッテルはピンクから熟したイメージ? 特別純米 玉栄 原酒火入れです。 新酒の...

  • 0
  • 0

佐瀬やんの活躍

今朝の蔵の気温は7度作業場も冷え冷えです。新酒の発売日に酒林を飾りました。 中村さんお手製です。もう手慣れたもので、作業の合間に2日で仕上げてもらいました。いよいよ明日は4本目、今年最後の上槽です。特定名称酒は搾りの最中に《中汲み》と《直汲み》を取っています。 直汲みは槽口から1本1本汲んでいます。無圧の中汲みと飲み比べてみると、確かに違いが分かります。小売店さんの予約分なので、数量もわずか、...

  • 2
  • 0

飲んでケロ

2020年の足音が聞こえてきましたね。明日はいよいよ新酒発売日です。 しぼりたてとにごり酒どちらもこの時期だけの限定酒です。 昨年は大黒天その前はえべっさん今年はどの七福神やろ・・・?期待を裏切りごめんなさい(息子が)帰ってきたカエルラベルにしました 佐瀬やんは2本目をしぼり中新酒の搾れる音と木槽のきしむ音有難く、そしてしあわせを噛み締めています。笑顔がこぼれるうまい新酒をぜひぜひ飲んでケ...

  • 2
  • 0

酔ひもせすん

令和元年の初しぼりです。 佐瀬やんは先日きれいしてもらって鎧をつけてもらっての出番です。 主人と中村さんのコンビで始まりました。この角度で何度も袋を積み上げていくの大変なことです。 息子は修行中に木槽で搾る経験がないので中村さんにいろはを教わりながら(ここは親子じゃないのね) こうして受け継がれていくのですね。佐瀬やんの事もずっと大事にしていって欲しい。 上まで積まれる頃には垂...

  • 0
  • 0

初桜の秋色

100点満点の秋晴れでした。これからいろんなものが秋色に染まって行くのを心待ちにしています。初桜のひやおろしのリリース始まります。  『純米吟醸 山田百恵の秋桜』 肩貼りは優しいコスモスカラーです。季節のごちそうが出始めています。 百恵ちゃんも仲間に入れてあげてく~ださい。よろしければポチッと応援お願いします人気ブログランキングにほんブログ村...

  • 0
  • 0

飛び出し注意

「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」鈴鹿馬子唄雨降り続きのこの時期は純米酒 晴のてるてる坊主 ひとつひとつ手作りしています。このてるてる坊主も雨はキライ。アンパンマンでも顔が汚れたら力が出ません。お酒ごと冷蔵庫で冷やしたり水にぬれたりしたら 力が出ません。そしてこの中の正体を見ることになりますのよ。お気をつけあそばせよろしければポチッと応援お願いします...

  • 0
  • 0

土山のおちゃけ

土山町はお茶の一大産地冬の間に蔵人として来ていただいているメンバーも全員お茶農家さんです。 新芽が目にも鮮やか新茶の味わいは格別です子供たちの通っていた小学校ではお茶摘み体験さらにお茶の入れ方教室もあり、今も継続されています。私なんかは恥ずかしながら嫁いでくるまで熱々のお湯を注いで苦~いのを飲んでいました丁寧にいれたお茶は驚くほどまろやかで甘味が上あごに絡みつきます。蔵人さん達 これから二番茶...

  • 0
  • 0

丸く収まりました

土山でも昨日は小雪がチラつきました。今朝は寒くて寒くて貼るカイロを数か所一気に冬モードに突入です。 リリースしたばかりの新酒はこのトリオです。本醸造しぼりたて本醸造にごり酒純米みずかがみ生原酒 青々とした杉玉も新しく掛け替えました。この杉玉は例年通り、蔵人さんのお手製です。材料は森林組合で譲ってもらったもの土山の山林の枝打ちした後の不要になった杉の枝です。古くなった杉玉は抜いてこれまた蔵人...

  • 0
  • 0

夢の共演

我が家のクサガメちゃん達は冬眠体制に入りました。昨日は3本目のみずかがみの上槽今日は積み替えをしました。今期のみずかがみは蔵人として来ていただいているお茶農家さん『中村農園』の中村さんちのお米です。昨年は食味コンクールで優良賞を受賞されました。地酒の醍醐味中村さんちのみずかがみで中村さんと一緒に造った純米みずかがみどうぞお楽しみにそれと『しぼりたて』を詰めてレッテルを大急ぎで貼りました。 右 ...

  • 0
  • 0

両方、青い

気持ちの良い一日でしたが来週はいよいよ梅雨入り宣言されそうですね。夏にオススメしています初桜の夏酒は純米みずかがみの中汲みです。それと合わせてオススメなのが純米吟醸 山田吟次郎 中汲み 全量を木槽(きぶね)で搾っています。酒袋をすべて積み終わってから約2時間程の無圧の状態でええとこを少量だけとっているのが中汲みです。どうしても澱(おり)が含まれ積む状態によっても澱の量が左右されます。 ター...

  • 0
  • 0