2014/05/04 Sun  23:13
ま、いっが

潮干狩りに続いて今日もお休みをいただきました。

伊賀焼きの長谷園さんの窯出し市の案内ハガキが届き
いつも大渋滞しているので見送っていたのですが
覚悟を決めて出発。

駐車場の完備が行き届いたのか
思いのほかすんなりと停められました。

長谷園1 
予想通りの大混雑です。

長谷園2 
長谷園3 
真似したいけど真似出来ないのよね・・・

長谷園4 
おぉっとこちらワンショットお猪口付きで500円

中井酒造  三重錦しぼりたて
森喜酒造  伊賀の舞
太田酒造  半蔵うこん錦
若戎酒造  義左衛門
橋本酒造場 俳聖芭蕉  

今日はおあずけ

長谷園5 
替りにジンジャーエールならぬ忍ジャーエール
このネーミング親近感わきます。
 
長谷園7 
目移りするも土鍋やぐい呑などを購入。
人混みの中、器選びに夢中で写真なしです。
お料理のレパートリーは増えないのに器が増えてどうするの~

長谷園8 
メダカに釘付けの主人。
だるま・みゆき・にしきこれメダカの種類

器には全く興味無し

ですがお天気に恵まれ
蔵から離れてブラブラするものいい気分転換。

何にも興味なしの主人が
ガサツな私にとって丁度いいくらいかなと思っています。





よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ














2014/05/01 Thu  22:40
初夏のにおい

ここ土山ではやさしく色付いたお茶の新芽が
初夏の清々しさを感じさせてくれます。

お店のヒーターを仕舞い替りに冷蔵庫を出して
夏向けの生酒を置きました。

純米吟醸の玉栄や天晴など
新しく仲間入りしたのをキリッと冷やして
旬のご馳走と一緒にお楽しみいただきたいと思います。




旬と言えば
畑さんご夫婦と一緒に潮干狩りへ行ってきました。
お目当てはもちろんアサリ。

一昨年はガッツリ驚く程の収穫
去年は全く
今年こそは・・・と期待いっぱい準備万端でいざ

大治郎さん夫婦は仲良く寄り添い
20年超の夫婦はシングルプレーで粘り
期待には裏切られましたが
ハマグリちゃんが採れました。

とは言っても
一日海を眺めて過ごせリフレッシュ出来ました。


飛び石連休のGW
お休みの方もそうでない方も
良い週末になりますように 




よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ











2013/11/27 Wed  22:32
まっかっか

あちらこちら秋色に染まってきました


車で2時間香嵐渓へ
香嵐渓1 
二人が反対側を見上げてますね。
香嵐渓2  
真っ赤っか
青い空に映えます。
香嵐渓3 
茅葺きの苔と黄色の銀杏がまたステキ
香嵐渓4 
香嵐渓5 
お花見に紅葉狩り
四季を味わえるのって幸せですね。
香嵐渓6 
本物さくらさん(娘)と2ショット
蓬莱泉 
帰り道見つけた 蓬莱泉
存在感バリバリの看板。ええなぁ~



よその蔵元さんは
造りの真っ最中やというのに

えらいすんません

遊んでばっかりいるわけではありませんので・・・





来月お朔は『酒と語りと醸しと私』

いよいよ師走。
走り出さなあきません




よろしければポチっと応援お願いします

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2013/01/02 Wed  22:04
晴れの日

2013年賀 (420x282)  

今日は年始でした。

主人の5人兄弟のうち4人の家族が寄り
賑やかなお正月です


25年始 
お正月には『晴はれ』のお酒を。

25年始3 

安井家はみんな身長が高い人揃いなので
座敷二間が年々狭く感じられます。


25年始4 

これだけの人数
どうしても大皿料理になりますが
どれも気持ちのいい食べっぷりに飲みっぷり。


大笑いして
あっという間の一日でした。



こうして家族が集えるお正月

日本のお正月っていいものですね




明日は実家へ帰り

あさって4日から今年度造りが始まります。



しっかり充電してきます




よろしければポチっと応援お願いします

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

2012/11/22 Thu  16:39
もうこれで最後

普段は山に囲まれているので
海を朝から望めるのは何とも爽快です。

内海 
伊勢湾
夏は海水浴で大変賑わうんだそう。
内海砂 
美しい砂浜は千鳥ヶ浜海岸
この砂は世界一粒の細かい砂なんですって。




内海をあとに半田市へ

主人の希望で『國盛』の中埜酒造さんへと

気づけば主人の行きたいとこばかりで
子供達は明らかにイヤイヤ

半田運河1 
半田運河
どこまでも続く【ミツカン】は現在修繕されているようです。
半田運河2 
運河の両脇に醤油蔵など
かつて船で荷を運ぶ様子が浮かんできそうです。
國盛1 
ミツカン本社の近くドド~ンとそびえ立つ中埜酒造
國盛2 
國盛3 
2階では昔の酒造りの道具が展示され
うちでも見たことない物、現役バリバリの物もあり。



販売コーナーでの話の中で

こちらの中埜酒造さんのお兄さん(ご長男)が
な・な・なんとミツカンの社長

というからビックリ

へぇぇぇ~

さ・さ・さらに
前の日に行った盛田酒造さんとも姻戚関係だとゆうから

もう~のけぞってしまいました


IMG_0185 (420x315) 
おすすめされた國盛の本醸造生酒となぜかねのひワンカップ



ひさしぶりの我が家の旅行は
まるでオヤジの社会見学コース(私は結構楽しい)


もう次に子供達誘っても来てくれへんわな・・・泣



最後までお付き合いいただきありがとうございます。
よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

2012/11/21 Wed  13:36
親子のふれあい

常滑のすぐ側にはセントレア空港
飛行機の飛ぶ姿を見ながら浜沿いを走ると

壮大な蔵がありました。
『盛田酒造』
ねのひをはじめお味噌や醤油など製造されています。


工場見学は出来ませんでしたが
脇にある展示コーナーでは
十五代当主 盛田昭夫氏にまつわるものがたくさんありました。

SONYの創始者だなんて・・・
不意に立ち寄ったところがそんなご立派な方の実家だとは驚くばかり。





お宿は小さいながらもお料理が評判と聞き
『佐宗』さんへ

田舎のおじいちゃんの所へ帰ってきたような感じのお宿です。

佐宗3

胡麻豆腐 
ごま豆腐  これは絶品
前菜 
前菜 イカの塩漬け もずく クラゲの刺身
お刺身 
ヤリイカ マグロ 鯛 ブリのお刺身
鍋物ふぐ 
お鍋には河豚 
洋風茶碗蒸し 
洋風茶碗蒸し
牡蠣のチーズ焼き 
牡蠣のチーズ焼き
エビフライ 
エビフライ
鯛茶漬け 
焼きおにぎりの鯛茶漬け
デザート 
抹茶アイスのもなかとトマトのコンポート

お酒は『國盛』でした。
お燗したのが美味しくて後々寝るだけだと思うとついつい・・・

たくさん飲むと目が充血して怖いおばちゃんになってました。


この晩久々の川の字で親子4人寝ました。
幸せすぎて枕が変わってひとり寝不足





一夜明け
あれだけ食べたのに楽しみな朝食

佐宗朝食 

佐宗釜飯 
タコの釜飯


娘がしみじみと
お母さん、なんにもせんでええし良かったなぁ

と何度も言ってくれて
やっぱり娘だけはわかってくれる~~~

野間灯台 
夕暮れの野間灯台
主人が息子に指差して何ゆうてるんでしょう・・・?
「少年よ大志を抱け」とか


収まると思ったのですが
まだまだ・・・

すみませんが半田市へ続きます



よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

2012/11/19 Mon  22:03
土のぬくもり

商売繁盛の縁起物
招き猫はポピュラーですが

常滑1 
この巨大招き猫にはビックリ

常滑2 
それを見上げている猫・・・焼き物です。

常滑3 
愛知県常滑市のやきもの散歩道

常滑6 
細い路地や坂道
昔の焼酎びんが埋め込まれた風景が興味深いです。

常滑8 
信楽では見慣れたたぬき 常滑のたぬきさん

常滑9 
登り窯の煙突

常滑10 
窓の二階から手招き

常滑7 
またまた猫ちゃん
お店の中のストーブの前で気持ちよさそう

常滑13 
今では使われなくなった登り窯の煙突がいくつも残っています。
うちの煙突もレンガで親しみわきます。

常滑11 

常滑をのんびりと過ごし
内海~半田市へと続きます。


最後までおつきあいいただきありがとうございます。
よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ



 

2012/10/22 Mon  17:15
これ奈良イケる

この頃は主人と二人で出掛ける事が多くなりました。

娘も友達との予定やバイトで買い物も付き合ってもらえません。
とはいっても主人と買い物では落ち着いて見てもいられず。

ぶらぶら見て回るくらいの外出が一番いいようです。




昨日は奈良へ。

春鹿1 
駐車場のすぐそばに大きな蔵が。

春鹿2
「春鹿」の今西清兵衛商店さんでした。

春鹿3 
奈良漬け

春鹿4 
店内ではグラスを購入して試飲ができるコーナーがあり
とても賑わっていました。
が二人とも指をくわえてただ見てました。

鹿は神様のはずじゃ・・・むちゃに試飲したら神様ににらまれそう。

桜ぐい呑み2 
ここで桜のぐい呑みを買いました。

ならまち1 
狭い路地がいくつもあって
隠れ家のような小さなお店があちらこちらにあって
発見が楽しい

ならまち3 
身代わり申がどこの軒先にも吊るしてあります。

ならまち2 
ならまちを抜けたところの
テレビでおなじみの超高速餅つき。
生で見てもすばらしいわ

猿沢の池 
猿沢の池で鹿サイダー。
ジロキチもこの池に住めたらどんなに幸せやろか・・・
仲間がいっぱいで亀の楽園みたい。




初めての【ならまち】が新鮮
夢中で歩き回り なによりいい運動になりました。
(おばちゃんはこんな発想しか出来ひんのんか)

こんなところに住んでたら毎日歩くのに~(笑)




帰りはお決まりの
ビールとイカ姿フライでくつろいではりました




人に運転させといて
いい気なもんです



よろしければポチっと応援お願いします

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

2012/08/15 Wed  22:18
おかげさま

昨日はお参りにみんなが揃いました。

ご先祖に手を合わせ
みんなが集まる場所があるって幸せですね。

そうして次へ次へ繋いでいく心は失いたくないです。
繋がっていくという事も有り難いことですし。 

 




今日は子供たちはそれぞれ予定があり
二人でぶ~らぶらと出掛けました。


冷蔵庫の中が空っぽになったので
守山おうみんちへ

ほぼ事は足りたのですが
スイッチが入り

道の駅めぐり

地元新鮮野菜を求める人が多いですね。
お値段も安いし安心やし。


まぶしい水着姿に目をやりながら
琵琶湖に沿って長浜まで足を延ばしました。

長浜3 
およそ20年ぶりの長浜
長浜1 
どこへ行っても古いものに引き寄せられる
長浜4 
涼しげな水まんじゅうは二つで100円
ひとつづつ食べようと誘うがあっさり断られて写真だけ チーン
長浜8
どこをとっても画になりますね。
ってか いつも主人が割り込んで写ってるやんか



当たり前に
20年前とは見たいもの聞きたいものが違って
同じ場所でも味わい方が変わります。


琵琶湖にもよう泳ぎに行きました。

二度と戻りません
若かりし楽しかったあの頃
思い出したら涙が出そうです



明らかに歳とった証拠です



よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 








 

2012/08/09 Thu  15:23
ひしょひしょ話

飛騨高山の続きを・・・


いつも郡上八幡まで高速で行き
それからは「せせらぎ街道」を通ることにしています。

およそ70㌔川の流れを感じつつ気持ちのいいコース。

この街道に着くと窓を開けオーディオを止めて走ります。

せせらぎ街道2 
行きは24度、帰りは通り雨がありなんと21度

天然エアコンです。
街道の標高差も700mあるらしく最高に快適
避暑にもってこい
せせらぎ街道1   
たまには娘に勧められ2ショット  
明宝2
       



高山へ着くとお昼ごはんは「ありす亭」へ
ランチが名物らしくいつもいっぱい。


品数が多いのがうれしいです。
ありす亭1 
ありす亭5 
メニューには2週間分の献立がびっしり書いてあります。
食後のコーヒーが付いて890円




ここから山桜神社へ絵馬をもらい

古い町並み周辺をブラブラするのがお決まりで。

高山1 
高山6 
高山7 
同じお店に訪れても少し変わっているのを発見したり
気が付かなかったこともあり何回見てもおもしろいです。
高山8 
高山9 
高山3 
高山2 
通りはひと月遅れの七夕まつり。
ひな祭りもひと月遅いとか。


お店の商品はもとより
気になるのはディスプレイやお店の小物
飾られたお花や看板・・・

すべてにおいて気遣いが行き届いていて
うっとりしてしまいます



その夜は自宅で
けいちゃん焼と赤カブの漬物で
飛騨の余韻にひたりました

ええとこです



よろしければポチっと応援お願いします

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 





プロフィール

はつさくら

Author:はつさくら
笑顔がこぼれるうまい酒
土山の地酒『初桜』

暮らしの中に書を

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


Back <<         ホーム         >> Next