2014/11/10 Mon  20:17
Good job!

毎年の仕込みは年明けからです。

今年度はじぇじぇじぇまだ使ってる
12月から始めるそうです。

それまでにいろいろとしておきたいことがあるのですが
今回は蔵の裏の整地です。
整地1 
去年までは茶園だったところ
草だらけの地面をすべて剥がします。
整地2 
振動で土を押さえるバイブレーターでガッチリと下地を固めます
整地5  
ショベル登場
整地6
クラッシャーをショベルで敷き詰めていきます。
整地7 
敷き詰めてはとんぼで均していきます。
整地8 
ねじり鉢巻きして黙々と
整地9 
ショベルの使い方が板についてる。
整地10 
最後にもバイブレーターでしっかりと押さえて完成

ご近所さんが通るたびに
なんか建てんのか?と聞いてくださるのですが整地しただけ残念

蔵人さん達がここから出入りするので
きっと水たまりも無くなって
車をドロドロにすることなく停めてもらえるでしょう。

整地3 
腰掛けているのはタンクを支える土台
コンクリート製で昔 蔵人さんが作っていたそう。
整地4 
発見相合傘や

故郷の彼女?はたまた片思いのひと?
ず~っとタンクの下で秘められた想い

叶ったのでしょうか。



誰にも消せないコンクリート製


きっとうまくいったはずですよね



よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ








関連記事
スポンサーサイト
Comment

☆ 

作業しているのは、蔵元さんでしょうか?
いつもにこやかな印象がありますが、さすがに仕事中はキリリとしてますね。
仕込が12月になると、新酒は年明けでしょうか?
藤居本家さんのように「元旦絞り」でくるのか?と推理していますv-416
相合傘とは、なんともにんまりしてしまいます。
5代も続くと、あちこちに歴史が刻みこまれてますね。

☆ よたろうさん

12月初旬からの仕込みですと予定では年明けの10日過ぎだと思います。
これから新酒がたくさん出回る季節、楽しみが増えますね。

先日、長年手を付けていなかったところを掃除していたのですが
懐かしく見覚えのあるものからレトロで新鮮に見えるものまで色々で作業がはかどりませんでした。
思い切って断捨離して作業しやすくなりました。

仕込みが始まると主人の顔もキリリとしてきます。
またのぞきにお越しくださいね。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック:]

プロフィール

はつさくら

Author:はつさくら
笑顔がこぼれるうまい酒
土山の地酒『初桜』

暮らしの中に書を

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


ちゃちゃっとね <<         ホーム         >> いろんなとこから・・・