2012/09/06 Thu  15:06
昭和チック

家の目の前にある酒樽は
東海道を歩く方の目に留まるようで

前で写真を撮られる姿を良く見ます。

樽4 
廃棄される寸前で譲り受けました。

もう5年以上はこの場所に構えているので
地元の小学生などは気にも留めないし
すっかり溶け込んでいます。

樽中3 
窓際の夫婦河童がお出迎えしてますが

樽中1 
中はこんな感じ

かなりの通な方も気付くかわかりませんが
ひとつだけアイテムが加わりました。

樽中2 
昭和なポスター

誰だかわかりますか?・・・



ヒント1 滋賀県出身です

ヒント2 お掃除大好きプロ級です

ヒント3 ご主人はサスペンスの帝王



そんなにもったいぶらんでも~





正解は 松井一代さんでした(知ってるっちゅうねん)



滋賀県酒造組合の引っ越しの時にいただいてきたそうで
時代を感じますが

和服に日本酒の組み合わせは
やっぱり色っぽいですね


近江の地酒の文字の横には
「おいしさが忘れられません」と書いてます。


そんな魅力たっぷりの近江の地酒



9月30日
大津プリンスホテル3階プリンスホールにて

県内全39蔵が勢揃い
『滋賀地酒の祭典』詳しくはこちら


たくさんのご参加をお待ちしております。



よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック:]

プロフィール

はつさくら

Author:はつさくら
笑顔がこぼれるうまい酒
土山の地酒『初桜』

暮らしの中に書を

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


すずしかりけり <<         ホーム         >> オールマイティーにはほど遠く