2012/07/22 Sun  15:03
なにも変わらず

この前から火入れの瓶詰めをすると聞いて
どんなに暑いだろうと覚悟していたのですが

朝からさわやか

絶好の?瓶詰め日和です


上撰の瓶詰め・・・ひさしぶりです。

瓶詰バーナー 
このバーナーでタンク内の水を65度にします。
この中には蛇管が入っていてその中をお酒が通り
2度目の火入れが出来るという仕組み。

瓶詰機 
瓶詰め機に火入れしたお酒を送り
1本づつ瓶を差し込んで満タンになれば止まります。

瓶詰1 
洗瓶をチェックし詰める役割は私が

瓶詰2 
ペースがついてきているのに写真を必死で撮りました。
瓶詰6 

瓶詰3 
足踏みで栓をするのは主人の役割

瓶詰4 
木箱(当たり前に現役)に10本たまれば運ぶ役も兼任です。


以前は義父が運んでいましたが
何年か前からは火の調整の役割です。



この火の調整が特に重要です。

65度を保つためお酒を送る量の加減が難しいんです。
出すぎても詰める方が溢れたり
少なすぎると温度が上がりすぎたり・・・


ボイラーで自動調節すれば何の問題も無いかもしれませんが

私がお嫁に来てからもそれまでも
ずっとこのスタイル。


蔵のすべてにおいて昔のまんま


いろいろ改善するために
 

工夫して


便利になりすぎたら工夫もなくなりそうです。


瓶詰5 
瓶詰め日和とはいえ
バーナーの側で作業と火入れしたお酒のおかげで
作業場は暑かったです。

日頃の運動不足は
こんなことで解消しませんけど


65度の瓶を何時間もさわってるんで
面の皮が厚い・・・じゃなく手の皮が厚くなったと思います。


昔は4段積み上げてはったのですが
今は3段

800本ぶっ通しで詰めていたのが
600本と縮小


体力・気力衰えます トホホ・・・

IMG_0119 (400x300)
作業終わりのつめた~い井戸水は何よりのごちそうです




よろしければポチっと応援お願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック:]

プロフィール

はつさくら

Author:はつさくら
笑顔がこぼれるうまい酒
土山の地酒『初桜』

暮らしの中に書を

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ

にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


夏には夏の悩み <<         ホーム         >> 静かに眠る